最先端の治療|XLIFで腰部脊柱管狭窄症と戦おう

医者

男性だけでなく女性も発症

先生

俗に言う脱腸と呼ばれる鼠径ヘルニアは、中年男性に多いイメージがありますが、若い女性でも発症することがあります。女性の場合は妊娠出産が影響して発症することもあります。違和感を感じたら早めに外科を受診しましょう。開腹か腹腔鏡手術で治ります。腹腔鏡なら傷口も小さく目立ちません。

満足できる診療とは

先生

リウマチとは、関節の痛みなどから、倦怠感などもあります。今後リウマチ診療は、一人一人の患者に合わせたオーダーメイド診療になり、患者が満足に感じる診療へと変わると考えられます。リウマチ治療を行う医療機関の中では、立地的に通いやすい世田谷のクリニックなどが人気となっています。

医療機関の仕組み

医者

平野区の病院では地域の病院との連携をとっています。患者さんの症状によってクリニックであったり、精密検査や治療を大きい病院で行います。状態によっては医療機関が違うのでそれぞれの役割を持っています。また受診をする際には、必ず健康保険証の提示が必要になります。

腰部脊柱管狭窄症の治療

XLIFは最先端治療法として注目されています。患者の体に掛かる負担を大きく軽減しているので、高齢者でも安心して受けられますね。

看護師

腰痛の症状は整体院や整骨院などでも治せる場合がありますが、腰部脊柱管狭窄症は医療機関でなければ治療できません。腰部脊柱管狭窄症の疑いがある場合は、必ず整形外科などの医療機関を受診することが必要です。整形外科の中には、最先端治療のXLIFと呼ばれる内視鏡化手術を行っている病院があります。XLIFで腰部脊柱管狭窄症を治療すると、外科手術をせずに腰部脊柱管狭窄症を治すことができます。ただし、全ての整形外科の病院でXLIFによる治療が受けられるとは限らないので注意します。XLIFで腰部脊柱管狭窄症の治療を行っている整形外科の病院は、多種多様な最先端の医療機器を導入しています。このような病院では、あらゆる腰痛の治療をすることが可能です。

加齢による腰痛は腰部脊柱管狭窄症であるケースが多く、最近は特に腰部脊柱管狭窄症の患者が増えています。患者が増えている背景には高齢者人口の増加があり、今後も高齢者人口の増加によって、腰部脊柱管狭窄症の患者数も増加すると考えられます。腰部脊柱管狭窄症は整形外科の病院で治療することができ、XLIFなどによる内視鏡を使った手術で治療することができます。最近はいろいろな医療現場で内視鏡による検査や手術が行われており、今後も医療現場では内視鏡による治療がますます普及すると予想されます。XLIFは腰部脊柱管狭窄症の治療だけでなく、圧迫骨折後の脊椎変形の治療などでも行われています。XLIFは低侵襲の矯正治療法であり、体力的に外科手術をすることが難しい高齢者の腰痛も治療できます。

Copyright © 2015 最先端の治療|XLIFで腰部脊柱管狭窄症と戦おう All Rights Reserved.